虫歯・根管治療

診療案内

  • M.I.インプラント
  • セレックシステム
  • 予防歯科
  • 歯周病外来
  • マイクロスコープ
  • 虫歯・根管治療
  • セカンドオピニオン外来
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 小児歯科
  • 噛み合わせ外来
  • 矯正歯科

診療時間表

  09:00~11:30 14:00~18:00

休診日: 日祝日 土曜日は17:00まで

痛みがなく歯の保存を第一に考えた虫歯・歯の根の治療を行います

虫歯治療

もし、不運にも虫歯があれば、生体に最も適した材質を用いた世界最高水準の治療を受けられます。

当院では、短期間に最小限の苦痛で、歯を白く美しく修復することが可能です。
修復治療の最も大切なポイントである再発の予防も徹底しています。

虫歯の痛みに苦しんでいらっしゃるなら、わずか1回で終わる根の治療を行います。
この際、表面麻酔と極細針を全症例に用いており、ほぼ無痛に近い麻酔を実現しています。

マイクロスコープによる歯の根の治療

虫歯は、穴が小さい場合はその部分を削って詰め物をする治療で済みますが、虫歯が進行し、神経までむし歯が到達してしまった場合は、歯の神経・根の治療である根管治療(歯内療法)が必要になる場合があります。
これは、神経の通る管(根管)の神経をきれいに取り除き、お薬をつめる治療のことですが、根管内が非常に細く複雑な構造をしており、また根管内を無菌化できなければ症状が再発してしまう可能性が高いため、歯科治療の中でも難易度の高い治療と言われています。

根管治療で最も大切なことは、

  • いかに複雑な形の根管でもきれいに、ていねいに神経を取り除く。
  • 無菌的に消毒をして根管を封鎖することで唾液の中の細菌の進入を防止し、病気の再発を防ぐことです。

そのために、当院では「マイクロスコープ」を使い精度の高い根管治療を実践しています。

内部を精密に確認できるマイクロスコープ

当院では、ドイツ・カールツァイス社製のマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使い肉眼では確認できない根管内の治療箇所を拡大して確認しながら治療を行っています。
マイクロスコープでは、約20倍に拡大することができ、目で根管内部を精密に確認することができ、より正確な治療を行うことができます。

虫歯治療

治療に伴う不快感をできる限り軽減するため、コンドウ歯科ではあらゆる工夫で無痛に心がけています。

レーザー治療

  • 光による治療で照射時の不快感は全くありません。
  • 歯茎等の組織が活性化され治癒力が促進します。
  • 麻酔効果があり、照射により痛みが和らぎます。

無痛麻酔

  • 表面麻酔を塗布した後、極細針を使用し、マイルドな圧力の電動注入器で行います。

注射したことすら気づかない方も多数いらっしゃいます。

虫歯の進行

健康な歯の状態

虫歯になっていない健康な歯の状態です。磨き残しなどで、虫歯になる場合があります。
虫歯になる前に検診をお勧め致します。


C1:虫歯レベル1

歯の一番表層にあたるエナメル質に穴が開いた状態です。ほとんど痛みがなく、虫歯に気付かない場合があります。早めの治療を行えば、痛みもほとんどありません。


C2:虫歯レベル2

虫歯レベル1の段階で、しばらく放置した状態です。
エナメル質の下にある象牙質にまで、虫歯が到達しています。この段階であれば、比較的簡単な治療で終わります。


C3:虫歯レベル3

虫歯が神経にまで達した状態です。場合によっては激しい痛みが出てきます。
治療せずにそのまま放置しておくと、歯を抜かなくてはいけないことになります。


C4:虫歯レベル4

神経が死んでしまった状態です。神経が死んでしまっているので、強い痛みはありませんが、噛むと違和感や膿(うみ)が溜まって、顔が腫れたり、細菌が血管を通って、全身に悪影響を及ぼす可能性があります。



ページの先頭へ戻る