根管治療(マイクロスコープ)

根管治療になくてはらならない「ラバーダム」と「隔壁」

当院で行う根管治療では、ラバーダムというゴム状のシートを使用して、治療する歯に唾液や血液などが付着しないように隔離し、無菌的環境の中で治療を進めています。
世界的にはラバーダムを使用した根管治療が常識となっていますが、日本では導入している歯科医院は未だに少ないのが現状です。
また、患部への細菌の再感染を防ぐためには、最初に完全に虫歯を取りきってから根管治療を始めることが不可欠です。
しかし根管治療の必要な歯は、当然ながら虫歯が深く進行しているので、虫歯を全て削った後に歯の量が少なくなり、歯の壁がほとんど残されていないケースが多くなります。

歯の壁が失われた状態だと唾液や汚れが入りやすくなるだけでなく、ラバーダムクランプと呼ばれる金具を付ける場所がないため、ラバーダムをかけたくてもかけられない状態になることもあります。
そのような歯はまず歯の表面の虫歯を綺麗に取って、歯のなくなった部分にコンポジットレジンで「隔壁」という人工的な壁を作ります。

隔壁を作るというステップを踏むことで、ラバーダムを使ったより良い環境での治療が可能になり、薬を入れても漏れることなく、精密な治療ができるようになります。一見遠回りに見えますが、この一手間が根管治療の成功率に大きく影響します。
ラバーダム防湿をしっかりと行うこと、そのために大切な虫歯除去と隔壁作成という事前処理を怠らないことが、コンドウ歯科ならではの質の高い根管治療を支えています。

マイクロスコープを使用した精度の高い治療

根管治療に欠かすことのできない機器が、しっかりと患部を確認するためのマイクロスコープです。
マイクロスコープを使った治療と肉眼での治療の最大の違いは、「見えないものが見えてくる」ということで、複雑な形状をした歯の内部を拡大視野ではっきりと見ることができるため、見えにくい根を見つけて的確な治療を行うことが可能です。

特に奥歯では1本の歯に根管が4本、5本と複数あることが多く、そのすべてに完全な治療を行う必要がありますが、肉眼の治療では「3本しか根がないと思って治療したら実は4本目があった」といったことが起こり得るので、細かい根の発見にはマイクロスコープは欠かせません。
他院で受けた治療が失敗しているかどうかの判定や、歯にヒビが入っているかどうかの確認にもマイクロスコープが役立ちます。

また、当院では歯を残すために力を尽くして治療を行っていますが、思いが叶わずに抜歯が必要となった時に、その判断が早くできることも大きなメリットです。患者さまに無用な負担を強いることなく、視覚的にもわかりやすい形で治療の経過と抜歯の必要性をご理解いただき、適切な処置を行うことができます。

根管治療のセカンドオピニオンについて

根管治療に関するセカンドオピニオンとしては、「他院で抜歯するしかないと言われましたが、本当に抜歯が必要ですか」「歯にヒビが入っているというのは本当ですか」といった、正確な診断を求める声を多数いただいています。

科学的根拠に基づいた正しい診断を行うためには、マイクロスコープやCTなどの基本的な設備が必要であり、また実際の治療においてはラバーダムやセレックシステムなどの精密な処置のための機器が欠かせません。
そのすべてを備えており、根管治療の専門医も在籍しているコンドウ歯科では、「当たり前のことを当たり前に行う」ことを意識して、悩まれている患者さまに心から満足いただける治療を提供できるように心がけています。

当院で科学的な検査を行った上で別の選択肢がご提供できる可能性もありますので、他院で受けた診断がすべてとは考えずに、一度ご相談ください。

ご予約・お問合せはお気軽に受付時間 9:00~11:30/14:00~18:00(土曜は17時まで)

  • contact_tel.png
  • コンドウ歯科 052-853-1211 休診日:木、日、祝
  • contact_tel01.png
  • コンドウ歯科 キッズデンタルパーク 052-853-6620 休診日:木午後、日、祝

愛知県名古屋市瑞穂区で歯のことでお困りの方、かかりつけ医をお探しでしたらご相談ください。
一般歯科・小児歯科・予防・インプラント科・歯周病科・矯正歯科・セカンドオピニオン外来・
審美治療・口腔外科・ホワイトニング・義歯・マイクロスコープ

  • コンドウ歯科 052-853-1211
  • コンドウ キッズデンタルパーク 052-853-6620