セレックシステム

診療案内

  • M.I.インプラント
  • セレックシステム
  • 予防歯科
  • 歯周病外来
  • マイクロスコープ
  • 虫歯・根管治療
  • セカンドオピニオン外来
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 小児歯科
  • 噛み合わせ外来
  • 矯正歯科

診療時間表

  09:00~11:30 14:00~18:00

休診日: 日祝日 土曜日は17:00まで

コンドウ歯科 インプラント リンク

CTスキャンインプラントセンター コンドウ歯科

たった1回でセラミック治療による白い歯が実現。セレックはメタルフリーのからだに優しい治療です。

セレックシステム

セレックシステムによるセラミッククラウン

最新のCAD/CAMシステムであるCerec3D。
コンピュータ上で歯型をスキャニングし、そのデータに基づいて
かぶせ物を設計し製作します。

今までの苦痛を伴う歯型をとる作業がありません。
セラミックのかぶせ物を5~15分でブロックより削りだして、歯に接着させます。

保険治療で行う銀歯やプラスチックの充填物と比べて接着強度が20倍以上ありますので、現在最も長持ちし、再治療の可能性が低い方法です。

施術前 施術後 施術後

治療が1回で終わる「1DAYトリートメント」とは

最新のセレックシステムを導入することにより、型をとって歯科技工士が製作する必要がなくなりました。
このため1週間の仮歯期間を要することなく、かぶせ物が入れられる1DAYトリートメント(即日治療)が可能となりました。

風間龍之輔医師をはじめとするチームが「セレック」によるセラミック治療を担当

当院では「世界最高水準の歯科医療」を提供し続けるために、専門医を全国レベルで招いています。セレックCAD-CAMシステムにおいて日本最多の臨床経験と豊富な研究成果を有する風間龍之輔医師の率いるチームが治療にあたっています。

セレック修復は、セラミックのつめ物やかぶせ物、ラミネートべニア等を一日で終了させるドイツ生まれのCAD-CAMを駆使した最新のテクノロジーです。風間医師は国立東京医科歯科大学より当院に赴任されるかたわら、スイスチューリッヒ大学ではセレックセラミックシステムの研究者としても活躍されてきました。

セレックシステムの生みの親であるチューリッヒ大学のメルマン教授のもとで行った研究は世界的に高評価を受けています。

セレックシステムにおける日本の第一人者である風間医師が、研究機関の集中する東京を離れて名古屋に来ていることは、全国の歯科関係者に驚きと大きな関心をもたらしています。

風間医師がコンドウ歯科の先進的医療への取り組みを高く評価され、世界最高水準の医療機器がすべて揃っている環境に魅力を感じたことが赴任に至らしめたといえるでしょう。

現在、日本の最高研究教育機関である国立東京医科歯科大学から、風間医師の技術と人柄に惹かれて、多くの若手ドクターがコンドウ歯科を見学に訪れています。 風間医師及び新潟大学でセレック治療の専門医をしていた浅井医師の二人がセレック治療にあたっており、患者の皆さんに高評をいただいております。

風間龍之輔

歯学博士
国立東京医科歯科大学講師
スイスチューリッヒ大学客員研究員
ドイツシロナ社公認セレックインストラクター

浅井哲也医師

歯学博士
国立新潟大学歯学部保存料
日本で数少ないセレックインストラクターの一人



ページの先頭へ戻る