一般歯科

歯を削る量を最低限にするために

虫歯を確実に取り除かなければ再発を許してしまうため、取り残しは許されません。しかし、削りすぎるということは歯のエナメル質や象牙質が減ってしまうことを意味しており、歯を守る部分が減って、さらに人工物との接触範囲が広がってしまうので虫歯リスクがさらに高まってしまいます。

当院では「なるべく削らない」ことと「確実に虫歯を取り除く」ことの両方を達成するために、さまざまな工夫をしながら虫歯治療を行っています。
虫歯を削る際には検査薬を使って、色がつく部分だけを的確に削っていくこと、高性能ドイツ、カールツアイス製のルーペを使用して患部を拡大してはっきりと見ながら処置を行うことによって、できるだけ削らずに今ある歯を大切にするように心がけています。

さらに、削った部分を修復する際の歯科材料についても、さまざまな選択肢をご用意しています。つめ物やかぶせ物は、金属よりはセラミックの素材を使用した方が削る範囲も少なく済みます。
患者さまのご意向も尊重しながら、金属をできるだけ使用しないようにして、削る範囲を最小限に抑える努力をしています。

虫歯の再発を防ぐための工夫

虫歯の再発を防ぐ上では、かぶせ物やつめ物と歯との間をなめらかに整え、段差のないフラットな状態に保つことがとても大切です。歯と繋がる間にわずかにでも段差があると、その部分から細菌が入り込んで虫歯が再発するため、そのようなことが起こらないように細部にまでこだわった精密な治療を心がけています。

また、できあがったかぶせ物やつめ物を歯に固定する接着についても、個々の患者さまの歯と口内の状況を考慮して、どの歯科用接着剤をどういった形で使えばベストであるかを考えた上で、隙間がなく虫歯の再発が起こりづらい、長持ちする治療を行います。

患者さまには見えない部分であっても決して手を抜くようなことをせず、常に最良の結果を追求して、ご満足いただける治療ができるように日々努力を重ねています。

虫歯治療のセカンドオピニオンについて

当院では、「虫歯が痛くて歯医者さんに行ったらどこにも虫歯はないと言われた」といってご来院される患者さまが多くいらっしゃいます。
そのような場合、実際には虫歯ではなく顎関節症を発症しており、虫歯と似た痛みを感じているというケースが少なくありません。

顎関節症であれば当院の噛み合わせ調整を受けることで簡単に治り、それまで感じていた痛みが消える可能性があります。
噛み合わせや顎関節症の治療の経験が少ない医師であれば患者さまの苦痛を取り除くことができず、また患者さまご自身で何から来る痛みであるか判別することは非常に困難です。

当院では幅広い知見をもとに最善の治療をご提供していますので、他院で受けた診断に疑問がある場合はお気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せはお気軽に受付時間 9:00~11:30/14:00~18:00(土曜は17時まで)

  • contact_tel.png
  • コンドウ歯科 052-853-1211 休診日:木、日、祝
  • contact_tel01.png
  • コンドウ歯科 キッズデンタルパーク 052-853-6620 休診日:木午後、日、祝

愛知県名古屋市瑞穂区で歯のことでお困りの方、かかりつけ医をお探しでしたらご相談ください。
一般歯科・小児歯科・予防・インプラント科・歯周病科・矯正歯科・セカンドオピニオン外来・
審美治療・口腔外科・ホワイトニング・義歯・マイクロスコープ

  • コンドウ歯科 052-853-1211
  • コンドウ キッズデンタルパーク 052-853-6620