マイクロスコープ

診療案内

  • M.I.インプラント
  • セレックシステム
  • 予防歯科
  • 歯周病外来
  • マイクロスコープ
  • 虫歯・根管治療
  • セカンドオピニオン外来
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 小児歯科
  • 噛み合わせ外来
  • 矯正歯科

診療時間表

  09:00~11:30 14:00~18:00

休診日: 日祝日 土曜日は17:00まで

コンドウ歯科 インプラント リンク

CTスキャンインプラントセンター コンドウ歯科

根管治療、抜歯などあらゆる治療で顕微鏡による質の高い医療を提供いたします

マイクロスコープとは?

コンドウ歯科では、不快な治療のやり直しや虫歯の再発生の確率を著しく減らす目的で、ドイツ・カールツァイス財団の誇る最高グレードのマイクロスコープ(歯科用手術顕微鏡)を使用しています。

マイクロスコープは、最大20倍までに拡大することができ、肉眼では確認できない根管内部など精密に確認することができ、今までより治療の精度を格段に向上させます。
細部まで見えることにより、目視の治療でおこりがちだった虫歯の削り残しや隣接歯を誤って傷つけることなどが激減します。

この「見える歯科」は、歯科医療界に革命を起こすと期待されています。


マイクロスコープの特徴

  • 精密な処置により、修復物の耐久性が飛躍的に向上します。
  • 歯の内部の神経や根の治療の成功率が向上し、再治療の可能性を著しく低下させます。
  • 希望により治療の様子をモニター画面で見て頂く事が出来、必要な情報が共有でき安心して治療を受けていただけます。
  • 治療の記録を画像で保存することができます。
  • 抜歯やインプラントをより精密に行うことができます。

アメリカの歯科大学では、歯内療法大学院の授業で顕微鏡をつかった実習が義務づけられています。
今後は日本でもこのような治療方法が増えていくでしょうが、現状ではマイクロスコープを所有する医院は数えるほどしかありません。

歯がいかに大切で、治療が難しく、いかに予防が難しいかと考えると、細部の治療にはマイクロスコープは必ず必要なツールになります。




ページの先頭へ戻る