予防歯科

診療案内

  • M.I.インプラント
  • セレックシステム
  • 予防歯科
  • 歯周病外来
  • マイクロスコープ
  • 虫歯・根管治療
  • セカンドオピニオン外来
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 小児歯科
  • 噛み合わせ外来
  • 矯正歯科

診療時間表

  09:00~11:30 14:00~18:00

休診日: 日祝日 土曜日は17:00まで

コンドウ歯科 インプラント リンク

CTスキャンインプラントセンター コンドウ歯科

小児歯科のポイントは、歯医者嫌いを作らないこと。苦痛の少ない治療とやさしい対応を常に心がけています。

コンドウ歯科での小児歯科治療の特徴

保険でも白い詰め物を使って治療いたします。

また、生え始めの歯には早い時期にシーラント処置を行って虫歯予防をしています。

3ヶ月に1度の予防にいらしていただくことで虫歯予防をすることができます。


治療が短期

受験・行事などによるご都合や希望により、多数の虫歯でも一度に治療します。

通院しやすい環境

学校のテストや塾の時間等を考えて予約する事ができます。

シーラント処置とは?

虫歯になりやすい奥歯の溝を虫歯菌に侵されてしまう前に接着力のあるフッ素入りの合成樹脂で埋める方法です。

お子さまの歯の治療Q&A

永久歯より乳歯のほうが虫歯になりやすい!?

大人に比べて上手に歯磨きができないため、自分の力では十分に汚れを取り除くことができません。

しかも子供の好むためものは、歯にくっつく性質のものが多いため、虫歯菌が作り出した酸性の物質が歯の表面に停滞しやすくなります。

また、乳歯には永久歯に比べ、歯のかたい部分の厚みが半分しかなく、虫歯の菌が内部に到達しやすいという弱点があります。


生えたての永久歯も危険!?

生えたての永久歯は、エナメル質がやわらかく虫歯になりやすい特徴があります。生え始めから3年間くらいは特に注意が必要で、早めの予防処置が大切です。
特に6歳臼歯と呼ばれる奥の第一大臼歯は、しっかり食品をかみ砕いたりするつぶす働きをするために、咬み合わせる部分にたくさんのギザギザした溝があります。
その溝に入り込んだ菌が虫歯を引き起こしやすく、成人の95%以上が第一大臼歯の虫歯にかかっているのです。

えっ!?虫歯って感染するの??

生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌がいません。

それが生後6ヶ月ごろから虫歯菌がすみつきはじめてしまいます。
可愛い赤ちゃんに虫歯菌をうつすのは、たいてい家族。その一番手が、お母さんです。
口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたり、「エッ!そんなことで?」と思うようなことで感染してしまいます。

従って、周りにいる大人のお口の中がきれいであることが大切です。



ページの先頭へ戻る