予防歯科

診療案内

  • M.I.インプラント
  • セレックシステム
  • 予防歯科
  • 歯周病外来
  • マイクロスコープ
  • 虫歯・根管治療
  • セカンドオピニオン外来
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 小児歯科
  • 噛み合わせ外来
  • 矯正歯科

診療時間表

  09:00~11:30 14:00~18:00

休診日: 日祝日 土曜日は17:00まで

虫歯になってからではなく、虫歯になる前にご来院ください。

予防歯科とは?

まだ多くの方が、虫歯になってからご来院されるのが日本の歯科医療の現状です。しかし、虫歯になってからでは歯を削る必要があります。それは、患者さんが望むことではない上、私たちが望むことでもありません。できる限り虫歯を根絶していくことが、私たちの使命です。
コンドウ歯科では、歯磨きを毎日行っていても、自分では磨きにくい歯垢がたまりやすい場所などを、プロの手によって掃除します。虫歯はプロによる定期的なケアにより、劇的にその発生を減らすことができます。

当院では乳歯が生え始めたら定期的に歯科医院に足を運び、次のメンテナンスを行うことをお勧めしています。

メンテナンス

1. 食事や歯磨きをはじめとするさまざまな生活習慣を見守る

2. 3~4か月に1度のプロによる歯の付着物(バイオフィルムという細菌の集合物)の除去

3. エナメル質など歯の表面のナノ(極微)レベルでの強化による抵抗力の増進

4. 口の中に生息するバクテリア(細菌)の種類のコントロール(善玉菌を増やし、悪玉菌を抑え続ける手法)

当院では唾液検査による歯周病、虫歯菌の検査などを行い、お一人お一人の個性にあったオーダーメイドの予防プランを提案し、できる限り歯の問題が発生しないように、いつも一歩先を見据えた歯の予防医療に取り組んでいます。

クリーニング

当院のクリーニング法

毎日の歯磨きだけでは落としきれない汚れを取り除くお手伝いをさせていただきます。定期的なクリーニングで、歯の病気の発症源であるバイ菌(バイオフィルム)を除去することで、不快な治療の機会を最小限にくい止めることができます。

Q:どんなことをするのでしょうか?

A:柔らかい汚れ(歯垢)はジェットスプレーで、硬い汚れ(歯石)は超音波の振動でやさしく取り除きます。

Q:歯は削れませんか?

A:音が響いたり、振動を感じることがありますが、削ってはいませんのでご安心ください。

Q:出血が気になります・・・

A:当院では歯周病初期治療による原因の除去を行ってからクリーニングを行うため、出血を伴うことは少なくなっています。クリーニング中に痛みを伴わない出血は一時的なものなので心配いりません。

Q:他院でクリーニングをした際、歯がしみるようになったことがありますが大丈夫でしょうか?

A:クリーニング後は歯石が取れることにより、一時的に歯がしみるようになる時があります。
当院ではそのような場合、表面処理剤のコーティングにより簡単に改善できますのでご安心ください。

PMTCによるクリーニング

PMTC(professional mechanicl tooth cleaning)は、やわらかいゴムのチップを使って、保険適用内のクリーニングでは取りきれない入り組んだ部分のバイ菌(バイオフィルム)を取り除く方法です。
カルシウムのナノ粒子で歯のエナメル質を補てんすることで従来自然治癒しないと考えられていた初期虫歯を治癒へと導きます。施術後は歯の表面が極めて滑らかな状態にトリートメントされるため、バイ菌が付着しにくくなり、歯の健康維持に大きく寄与します。また、PMTCには着色を予防する効果もあり、利用される方が増えています。

つやがなく黄ばんでいる感じが見受けられます      くすみが消えツルツルに!光が反射しています


Q:どのくらい長持ちするのでしょうか?

A:歯の表面がなめらかになり、歯みがき時に簡単に汚れが落ちる状態が3ヶ月程持続します。

Q:どのくらいの頻度でするのが効果的ですか?

A:汚れが定着し始める3ヶ月に一度の割合で受けられると最も予防効果が上がります。
 但し、口腔内の状態によっては、期間が長短する場合がございます。

予防歯科が歯の未来を守ります

日本の歯科医療界では、残念ながら「悪くなった歯を治療する」という常識が広まってしまっています。しかし、虫歯や歯周病は誰もが回避できるもので、現在では予防の方法も発達しています。

予防歯科が歯の未来を守ります

日本では、80歳の方が保有している自身の歯は平均7~8本であるのに対し、スウェーデンでは15~20本が当たり前となっています。ほとんどのスウェーデン人にとって、歯科医療は治療のためではなく、予防のために行く場所となっています。


バクテリアセラピー

スウェーデンで取り組まれているバクテリアによる予防医療

国をあげて予防医療に取り組むスウェーデンでは、プロバイオティクスによる予防治療が積極的に行われています。プロバイオティクスとは、人体に対して良い効果をもたらす菌、またはそれを含む食品やサプリメントのことを指します。
人は体の中に約500種500兆個の菌を保有しています。これは、重さにすれば約2kg。人体のどの臓器よりも大きな存在といえます。 菌には、人体に良い影響を与える善玉菌と、その逆に悪い影響を与える悪玉菌があります。この2種類の菌は体内で戦いをしており、悪玉菌が勝つ状況になると病気になってしまいます。

特に現代人は精神的なストレス、運動不足、過度に除菌された環境などにより、善玉菌がすみにくく、悪玉菌がはびこりやすい体質となっています。
その体質を改善させるのが「バクテリアセラピー」です。これは人体にある菌を適切に管理し、バランスを良くすることで健康維持につなげるという新しい手法。 予防歯科先進国スウェーデンでは、この効果が認められ、国をあげて国民に広められています。


L.ロイテリ菌

予防歯科医療における代表的なプロバイオティクス。L.ロイテリ菌を2週間投与し続けた結果、歯肉炎と歯垢が改善されることが実験により明らかになりました。この菌は、世界保健機関が要求する人間の健康に有益な影響を与える「プロバイオティクス」のすべての条件を満たしています。

ヒト由来の乳酸菌であるロイテリ菌のさまざなな効果報告(治験結果より)
  • ・ 5種類の主要歯周病菌の殺菌・抑制を確認
  • ・ 病原菌バイオフィルムを破壊し、有益バイオフィルムと置換することを確認
  • ・ 中度・重度歯肉炎の治療に効果
  • ・ 口腔内における高い定着率を確認
  • ・ ピロリ菌増殖抑制及び抗生剤治療副作用改善を確認
  • ・ 乳幼児アトピー性皮膚炎疾患面積の縮減を確認
  • ・ 乳幼児アトピー性皮膚炎発症リスクの低減を確認
  • ・ 乳児疝痛の緩和による夜泣きの改善を確認
  • ・ 細菌感染症疾患の発生抑制を確認
  • ・ ヒト母乳の乳質改善を確認
  • ・ 糖尿病に効果
歯周病・虫歯予防サプリメント「プロデンティス」

プロデンティスは現代社会の生活の中で、本来ならば人体が保有しているはずのロイテリ菌を補給できる画期的なサプリメントです。 虫歯や歯周病になる前から、お金をかけて予防に励むことに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、将来的に歯を失うことを考えれば、はるかに安い投資といえます。そして、それはスウェーデンをはじめとした予防歯科先進国が既に証明している事実でもあります。効率よく菌と共存共栄する生活を手に入れましょう。

プロデンティス 1箱(10錠入り)¥1,000円(税別)


ページの先頭へ戻る